花火に関する気になる情報を集めています

ハナビジャパン・クラウドファンディング(仮)

クラウドファンディング 花火情報
2020年06月22日
ハナビジャパン技術部

地元愛からの花火関連プロジェクトです

関門海峡で毎年8月13日の夜行われている 関門海峡花火大会ですが、今年は中止とのことで、何か代わりになるお祭りをしようと立ちげたプロジェクトがあるのを見つけました。

SILKHAT – 無念の中止 『 関門海峡花火大会 』の夜に、15000発の線香花火を。│SILKHAT(シルクハット)吉本興業のクラウドファンディング

内容を確認すると個人の方が地元愛から企画したイベントで、線香花火1本と封筒で20円と代金がかかりますがクラウドファンディングで集めた資金分、できれば花火大会の発数に合わせて1万5000本用意したいという内容となっています。

線香花火と封筒ということで、おもちゃ花火でも郵便では送れないはずだけど大丈夫かな?とさらに確認すると……

花火は郵送できないとのことなので、
僕と 僕に協力してくれる仲間たちが 手分けして
15000人の方々に手渡しで思いを託します。
引用元:SILKHAT – 無念の中止 『 関門海峡花火大会 』の夜に、15000発の線香花火を。│SILKHAT(シルクハット)吉本興業のクラウドファンディング

と、きちんと対応しておられました。

何よりも吉本興業がクラウドファンディングのプラットフォームを用意していることに驚いたりもしたのですが、芸人たちのミニライブなどの開催資金や住みますプロジェクト関連の地域イベントの資金集めなど、クラウドファンディング向けのコンテンツをたくさん持っている会社なので、自身がクラウドファンディングの運営を行うのは理に適っていると思います。

その他、芸術系のプロジェクトも多く見られますし、内容に賛同を得ればこのように吉本関連の方に紹介してもらえる確率も高いと思われます。

花火も花火専門のクラウドファンディングのプラットフォームを用意しようかなと立ち上げる予定だったのが当サイトだった訳ですが^^;いったん断念中です。

現在、当サイトでは花火に関係するクラウドファンディングプロジェクトなどの情報を募集しています。
当サイトに掲載されていないプロジェクトなど情報提供はこちらにて連絡頂けると助かります。

このサイトについて

昨今のコロナ禍の中、日本経済の落ち込みによって数多くの花火大会が中止となり、その流れは今もなお留まるところを知りません。
地域の花火大会が無くなってしまう要因は様々ですが、その最も大きな理由として挙げられるのは資金面での問題です。
このサイトでは花火に関連するクラウドファンディングの情報をまとめ活用し、存続が危ぶまれる花火大会の資金集めの手助けが出来ないかと考えた末にスタートしました。
なお、このサイトはハナビジャパン技術部が更新などを行っています。
公開に至るまでの経緯につきましては「実はクラウドファンディングサイトを作っていました」をご覧ください。

ツイッターのフォローもよろしくお願いします。

新着ブログ

クラウドファンディグサイト一覧

数多あるサイトから一部をリスト化したものです。 手数料比較など詳しい内容付きの一覧をクラウドファンディングサイトリストにて掲載しています。