花火に関する気になる情報を集めています

ハナビジャパン・クラウドファンディング(仮)

尺筒チャレンジまとめ・おかわり

7月2日、「尺筒チャレンジまとめ」に掲載されていない派生した尺筒チャレンジのまとめを新しく作成しました。

ページを分ければ解決

尺筒チャレンジまとめ」はプロジェクトの宣伝を兼ねた花火師によるパフォーマンスを紹介するために作成した意図があるため、派生した尺筒チャレンジは、まとめには追加していませんでした。

しかし「派生した尺筒チャレンジのまとめも作って欲しい」という要望を本家本元から頂きまして、どうまとめるか考えた結果

「ページを分ければいいじゃん」

と、ニュートンの万有引力発見並みのひらめきにより早速作ってみました。

本家本元

2020年6月21日、始まりはここからでした。
本当に重たいものなので、このように簡単に抱えられるものではありません。

そしてこう

6月24日、九州の花火師に火が着いた模様です。

株式会社生島煙火様からバトンが続きます。ご指名は、株式会社唐津煙火様です。

6月25日、軽々と持ち上げられてる様を見て「私が凹む」という私的な感情は置いておきまして、2本抱えるとか展開が早いです。
次の人のネタ作りが大変ですよ……

ということで、次のバトンは西日本花火有限会社様へ。

ツイッターアカウントはこの時点では作成されていなかったようですので、Instagramでの報告となっています。

鉄筒も重いものですし、スライドして2枚目3枚目見ると……
とうとう筒にやられてしまいました。

虫の息の中、高田花火工業様へバトンが渡されました。

そして、6月26日に上げられたツイートを見ると!?

尺筒ちゃんと福岡県みやま市のご当地キャラくすっぴーとのコラボレーションです(笑)

このツイートが出る前にちょうど私も似たようなアイデアを思い描いていて、同じように頭に被って新潟県のご当地キャラ日本元祖スキー漢(おとこ)レルヒさんと並んだら面白そうと思っていたところでした。

次は株式会社太洋花火様へ続きます。

6月27日、火の神様も巻き添えとなっています。
神様からのお告げは「2本持ちたまえ」
二筒流という流派の名称まで授かったようです。

背中に背負った筒がνガンダムのファンネルに見えるガンダム世代の私です。
花火師は伊達じゃ無い!

RG 1/144 ν ガンダム 02

次へのバトンは株式会社ワキノアートファクトリー様に引き継がれます。

6月28日、とうとう筒による巨大アートが出現しました。

こういう所からヒントを得て本物の花火に生かされたりするので、遊び心・想像力というのは大事だったりします。

ガンダム繋がりで真っ先に思いついたのがこちら。

引用元:RG 1/144 ストライクフリーダムガンダム|バンダイ ホビーサイト

RG 1/144 ストライクフリーダムガンダム|バンダイ ホビーサイト

そして、続いてのバトンの指名先は、加藤煙火株式会社様となっています。

7月2日加藤煙火様のツイートです。

おわかり頂けたであろうか……

右足が消えて……

って、手筒の持ち方ですね。

「カ」が10個でカトウ(10)っていう屋号いいよなぁ。と毎回見ては思っています。

ここでいったんバトンは中断。

よい子は真似をしないでください

この尺筒チャレンジは、特殊な訓練を受けた専門家によるパフォーマンスです。

おうちにある「しゃくづつ」をかってにもちあげたり、ならべたりしないよう
おねがいします。

あと、画面を見るときには周りを明るくしてください。

本来の趣旨

尺筒チャレンジまとめでも紹介させて頂いておりますが、クラウドファンディングのプロジェクトの宣伝にもなって欲しいというパフォーマンスですので、尺筒チャレンジまとめ で紹介していないプロジェクトからいくつか紹介させて頂きます。

『キズナハナビ 』~新しい花火の楽しみ方「おうちで花火!」~ – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

コロナなんかに負けたくない!花火で地域の皆様へ笑顔を!in福岡 – CAMPFIRE (キャンプファイヤー)

皆様からのご支援よろしくお願いいたします。

現在、当サイトでは花火に関係するクラウドファンディングプロジェクトなどの情報を募集しています。
当サイトに掲載されていないプロジェクトなど情報提供はこちらにて連絡頂けると助かります。

このサイトについて

昨今のコロナ禍の中、日本経済の落ち込みによって数多くの花火大会が中止となり、その流れは今もなお留まるところを知りません。
地域の花火大会が無くなってしまう要因は様々ですが、その最も大きな理由として挙げられるのは資金面での問題です。
このサイトでは花火に関連するクラウドファンディングの情報をまとめ活用し、存続が危ぶまれる花火大会の資金集めの手助けが出来ないかと考えた末にスタートしました。
なお、このサイトはハナビジャパン技術部が更新などを行っています。
公開に至るまでの経緯につきましては「実はクラウドファンディングサイトを作っていました」をご覧ください。

ツイッターのフォローもよろしくお願いします。

新着ブログ

クラウドファンディグサイト一覧

数多あるサイトから一部をリスト化したものです。 手数料比較など詳しい内容付きの一覧をクラウドファンディングサイトリストにて掲載しています。